毛穴引き締めで美肌を目指せ!

生理周期により肌が荒れる場合もある

女性の肌は様々なものの影響を受けやすく、調子が定まらないということが起こりがちです。
その中でも生理周期の影響を受けやすいという人が多いようです。

生理周期に関わってきているものは女性ホルモンです。排卵後からプロゲステロンというホルモンが増え始めます。
プロゲステロンは皮脂分泌を盛んにする作用があります。そのため肌が脂っぽくなります。
また、プロゲステロンには、コラーゲンの生成を抑制する作用もあり、そのことで肌のバリア機能が低下するので、ますます肌荒れを起こしやすい状態になってしまいます。

生理が始まって終わるまでは、プロゲステロンもエストロゲンも少ない状態です。
そして生理中は全身の血行が悪く冷えやすくなります。
生理が終わって排卵までの期間はエストロゲンの分泌が増えます。
エストロゲンは皮脂の分泌を抑え、肌のキメを整えて美しく保つ作用があり、美肌ホルモンと呼ばれるほどです。
この時期は、状態が安定していることが多いでしょう。

ホルモンの作用だけを見ると、肌が荒れる原因はプロゲステロンにあるように思いがちですが、プロゲステロンは受精卵が着床した時に、赤ちゃんをはぐくむ作用のある大切なホルモンです。
プロゲステロンが分泌されること自体が悪いわけではありません。
分泌される量や、他のホルモンとのバランスが適正でないことが原因で、肌が荒れる要因になってしまうのです。

つまり、女性の肌は生理周期の影響を強く受けますが、生理周期に従って女性ホルモンがバランスよく分泌されていれば、そこまでひどく肌が荒れることはありません。
ただ、時期によって多少脂っぽくなったり、乾燥しやすくなったりするので、その時期に合わせたスキンケアを行うなどをして、気をつけるだけで肌荒れを回避できます。
また、女性ホルモンのバランスが乱れないように生活習慣に気をつけたり、しっかりと睡眠をとることで、予防することができます。
大切なのは、女性ホルモンのバランスが乱れないようにすることです。

肌荒れ改善には低用量ピルもおすすめ!

生理周期によって、ひどい肌荒れに悩まされている方は、もしかしたら女性ホルモンのバランスの乱れが肌荒れの原因だという可能性があります。
もしも、そうならば皮膚の外からのケアでは限界があるでしょう。身体の内側から改善していかなくては、肌荒れを治すことは難しくなります。

そのような方におすすめするのは、低用量ピルを使うことです。
低用量ピルは避妊目的以外にも効果があります。そのひとつがホルモンバランスを整えることです。
低用量ピルには合成女性ホルモンが入っているので、毎日飲むことで、身体の中の女性ホルモンの量が安定します。
この作用を使うことで、女性ホルモンのバランスが乱れている人のホルモンバランスを正常に戻すことができます。
ホルモンのバランスが安定すれば、肌荒れの改善が期待できます。

低用量ピルを服用して女性ホルモンが身体に入ることで、足りているホルモンは脳へ指令がいき分泌されなくなります。
そうやって適正量を身体に入れることで、ホルモンが過剰に分泌されることを防げます。
また、足りていないホルモンは低用量ピルを内服することで補うことができます。
内服し始めのうちは、身体も慣れていないので、多少ホルモンバランスを整えるのに時間がかかりますが、一度身体が慣れてしまえば、あとは安定して状態が続くので、肌が荒れにくくなります。

肌荒れには、様々な要因が関わってきていますが、生理周期の影響はとても大きく、生理周期による肌荒れで悩んでいる人が大勢います。
そして、低用量ピルを使って、ホルモンバランスを整えることで肌荒れを治している人もたくさんいます。
肌荒れの原因が生理周期と深く関わっているという方には、低用量ピルを使うことをおすすめします。